国民期待に応えるため尽力 細田衆院議長が年頭所感

細田博之氏
細田博之氏

細田博之衆院議長は1日付で、就任後初めてとなる年頭所感を発表した。国会が国民の期待と信頼に応え、国権の最高機関としての役割を果たすべく議長として力を尽くすと強調。新型コロナウイルス禍をめぐり「法案審議や国政調査を通じ、この困難な状況に対処していく」と表明した。

各国で新型コロナが猛威を振るい、自然災害も多発しているとして「このような時代だからこそ議会の重要性は増している」と言明。議会間交流により諸外国との相互理解と協力を深める必要性を訴えた。昨夏の東京五輪・パラリンピックに触れ「本年もさまざまな分野で多くの日本人が力を発揮することを期待する」とした。