高木美、新浜ら15代表決定 スピードスケート選考会

【北京五輪スピードスケート日本代表選手選考競技会 女子1500m】優勝した高木美帆(中)、2位高木菜那、3位の小平奈緒(右)=31日、エムウェーブ(彦野公太朗撮影)
【北京五輪スピードスケート日本代表選手選考競技会 女子1500m】優勝した高木美帆(中)、2位高木菜那、3位の小平奈緒(右)=31日、エムウェーブ(彦野公太朗撮影)

スピードスケートの北京冬季五輪代表選考会最終日は31日、長野市エムウェーブで行われ、女子は高木美帆(日体大職)、高木菜那(日本電産サンキョー)の姉妹や小平奈緒(相沢病院)ら8人、男子は新浜(しんはま)立也(高崎健康福祉大職)、森重航(わたる=専大)ら7人が決まった。

今季のワールドカップ(W杯)4大会で好成績を収めた高木美、小平、新浜ら5選手が先に代表入りを確定させ、3日間の選考会は残りの枠を争った。高木美は世界記録を持つ1500メートルなど個人4種目と2連覇の懸かる団体追い抜きに出場する。

31日は女子1500メートルで高木美が1分53秒19の1位、高木菜が1分54秒84の2位。同5000メートルは押切美沙紀(富士急)が7分4秒31の国内最高で1位、18歳の堀川桃香(北海道・白樺学園高)が2位で代表入りした。

男子1500メートルは一戸(いちのへ)誠太郎(ANA)が1位、小田卓朗(開発計画研究所)が2位となり、同1万メートルは土屋良輔(メモリード)が13分6秒17の国内最高で制して五輪切符をつかんだ。