在日米軍、入国直後に検査 批判受け方針転換

外務省=東京都千代田区(鴨川一也撮影)
外務省=東京都千代田区(鴨川一也撮影)

外務省は31日、在日米軍が米海兵隊キャンプ・ハンセン(沖縄県金武町など)で発生した新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)問題を受け、全ての在日米軍関係者を対象に入国から24時間以内に検査を実施することを決めたと発表した。全ての在日米軍施設の米兵らに対し、出入国時のコロナ検査を免除していた対応に批判が集まり、方針を転換した形だ。

外務省によると、在日米軍が12月30日以降、24時間以内の検査実施を決定したと通知した。クラスター発生後、米側では出国72時間前の検査を始めており、日本側の要請で対象を拡充していた。

在日米軍はクラスター発生前、ワクチン接種済みであることを前提に、出国時と日本到着直後の検査を省き、入国後5日目に検査していた。林芳正外相は、米側に出入国時の検査を徹底するよう求めていた。