年越し寒波、暴風雪の恐れ 元日にかけ交通障害に警戒

気象庁=東京都港区虎ノ門
気象庁=東京都港区虎ノ門

日本付近は元日にかけて、強い寒気が流入し、冬型の気圧配置が強まるため、北日本から西日本の日本海側を中心に大雪になる見込みだ。太平洋側でも大雪となる地域がある。気象庁は30日、積雪や路面の凍結による交通障害、暴風雪や高波に警戒を呼び掛けた。

雪に慣れていない地域では、少しの雪でも交通が混乱したり事故が増えたりする可能性があり、特に注意が必要だ。気象庁によると、山地だけでなく平地でも大雪となる地域がある。東北の日本海側や北陸の海上は大しけで、雪を伴う暴風となる所がありそうだ。

31日午後6時までの24時間予想降雪量は、いずれも多い地域で、北陸90センチ、関東甲信70センチ、東海、近畿、中国60センチ、東北50センチ、四国15センチ。元日午後6時までの24時間では、北陸50~70センチ、東北、関東甲信40~60センチ、近畿30~50センチ、東海、中国20~40センチを見込む。

31日の予想最大風速(最大瞬間風速)は、東北18メートル(30メートル)。元日にかけての波の高さは東北、北陸で6メートルの見通し。