日本海側、元日にかけ大雪の恐れ 交通障害に警戒

29日午後11時現在の気象衛星ひまわりの雲画像
29日午後11時現在の気象衛星ひまわりの雲画像

日本付近は1月1日にかけて強い冬型の気圧配置となり、北日本から西日本の日本海側を中心に大雪となる見込みだ。気象庁は30日、積雪や路面の凍結による交通障害に警戒を呼び掛けた。

気象庁によると、日本の上空には強い寒気が流れ込む。冬型の気圧配置が予想よりも強まった場合、暴風雪や大しけとなる可能性がある。太平洋側も山地を中心に大雪となり、平地で積雪となる地域もありそうだ。

31日朝までの24時間予想降雪量はいずれも多い所で、北陸80センチ、関東甲信、東海50センチ、東北、近畿40センチ、中国30センチ。その後の24時間は、北陸70~90センチ、関東甲信60~80センチ、東北、近畿50~70センチ、中国40~60センチ、東海30~50センチを見込む。