J1鳥栖社長「重く受け止め」 パワハラ処分で謝罪

J1鳥栖前監督の金明輝氏
J1鳥栖前監督の金明輝氏

J1鳥栖は30日、金明輝前監督のパワハラ行為がJリーグによって認定され、処分が出たことを受けて福岡淳二郎社長がオンラインで記者会見し「大変重く受け止めている。皆さまにご心配とご迷惑をおかけしたことを深くおわびいたします」と謝罪し、頭を下げた。

Jリーグの調査報告書によると、金前監督はユースを指導した2016年ごろから選手らに対して平手打ちなどの暴力や、「死ね」「殺すぞ」といった暴言を繰り返していた。スタッフに対しても、作業に手間取った際に頭をたたくなどし、出勤できなくなった人がいたという。クラブに対しては、前監督による暴力行為に関する訴えや選手を足払いで転倒させたとする報道を知りながら、必要十分な調査を行わなかったと指摘を受けた。

鳥栖は相談窓口の設置や幹部の責任範囲を明確にする対策を講じる。