速報

速報

北朝鮮がミサイル発射か 海上保安庁発表

香港当局、山梨学院大教授を指名手配か 立場新聞親会社の元役員

立場新聞のオフィスから箱に入れた資料を運び出す警察官=29日、香港(ロイター)
立場新聞のオフィスから箱に入れた資料を運び出す警察官=29日、香港(ロイター)

香港警察は30日、事業停止した民主派系インターネットメディア「立場新聞」の親会社と、立場新聞の代理編集長だった林紹桐氏、鍾沛権前編集長を、扇動出版物発行共謀罪で起訴した。同日午後に初公判が開かれた。

香港の公共放送RTHKなどは30日、立場新聞の事件で、親会社の元役員、練乙錚氏が香港当局に指名手配されたとの情報があると報じた。練氏は日本に移住したとされ、山梨学院大のホームページによると同大の特任教授を務めている。

香港警察は29日、立場新聞の関係者7人を逮捕しており、起訴された2人を除く5人のうち、香港の人気女性歌手、何韻詩(デニス・ホー)氏ら3人が30日午後、保釈された。

起訴状によると、被告らは2020年7月7日から今年12月29日にかけ、中国、香港両政府に対する憎悪をかき立て、暴力に訴えるよう扇動することなどを狙った「扇動出版物」の発行を共謀したという。(共同)