フォト特集&動画

「全員幸せに」と鐘鳴らす 大納会で渋沢栄一役の吉沢亮さん

東京証券取引所の大納会で、鐘を打ち鳴らす前に記念撮影に応じる俳優の吉沢亮さん =30日午後、東京都中央区(寺河内美奈撮影)
東京証券取引所の大納会で、鐘を打ち鳴らす前に記念撮影に応じる俳優の吉沢亮さん =30日午後、東京都中央区(寺河内美奈撮影)

東京証券取引所で30日、2021年最後の取引となる大納会の式典が2年ぶりにゲストを招いて開催された。NHK大河ドラマ「青天を衝け」で主人公の渋沢栄一役を演じた俳優の吉沢亮さんが「国民が全員幸せになることが日本経済の発展だという(渋沢の)思いを多くの人に届けたい」と述べ、取引を締めくくる鐘を5回打ち鳴らした。

渋沢は東証の前身である東京株式取引所の創設に貢献した。東証は来年4月に市場区分を三つに再編する予定で、各市場の特徴を明確にして海外投資を呼び込む狙いだ。

東京証券取引所の大納会で手締めを行う出席者ら =30日午後、東京都中央区(寺河内美奈撮影)
東京証券取引所の大納会で手締めを行う出席者ら =30日午後、東京都中央区(寺河内美奈撮影)

東証を傘下に置く日本取引所グループ(JPX)の清田瞭最高経営責任者(CEO)はあいさつで「歴史や先人の偉業に思いをはせつつ、日本市場の魅力と存在感を世界にアピールしていきたい」と強調した。新型コロナウイルスの感染拡大防止策として参加者を約40人に絞り、マスクを着用して開催した。

東京証券取引所の大納会であいさつする、俳優の吉沢亮さん =30日午後、東京都中央区(寺河内美奈撮影)
東京証券取引所の大納会であいさつする、俳優の吉沢亮さん =30日午後、東京都中央区(寺河内美奈撮影)


東京証券取引所の大納会であいさつする、俳優の吉沢亮さん(左端) =30日午後、東京都中央区(寺河内美奈撮影)
東京証券取引所の大納会であいさつする、俳優の吉沢亮さん(左端) =30日午後、東京都中央区(寺河内美奈撮影)
東京証券取引所の大納会で鐘を打ち鳴らす俳優の吉沢亮さん =30日午後、東京都中央区(寺河内美奈撮影)
東京証券取引所の大納会で鐘を打ち鳴らす俳優の吉沢亮さん =30日午後、東京都中央区(寺河内美奈撮影)
東京証券取引所の大納会で鐘を打ち鳴らした俳優の吉沢亮さん =30日午後、東京都中央区(寺河内美奈撮影)
東京証券取引所の大納会で鐘を打ち鳴らした俳優の吉沢亮さん =30日午後、東京都中央区(寺河内美奈撮影)
東京証券取引所の大納会で手締めを行う出席者ら。左から2人目が日本取引所グループの清田瞭CEO、4人目が俳優の吉沢亮さん =30日午後、東京都中央区(寺河内美奈撮影)
東京証券取引所の大納会で手締めを行う出席者ら。左から2人目が日本取引所グループの清田瞭CEO、4人目が俳優の吉沢亮さん =30日午後、東京都中央区(寺河内美奈撮影)


東京証券取引所の大納会であいさつする、日本取引所グループの清田瞭CEO =30日午後、東京都中央区(寺河内美奈撮影)
東京証券取引所の大納会であいさつする、日本取引所グループの清田瞭CEO =30日午後、東京都中央区(寺河内美奈撮影)

東証、大納会の終値は1347円高

今年最後の取引である大納会を迎えた30日の東京株式市場で、日経平均株価(225種)の終値は前年末比1347円54銭(4・9%)高の2万8791円71銭だった。

日経平均株価の年末終値などを表示する東京証券取引所のモニター =30日午後、東京都中央区(寺河内美奈撮影)
日経平均株価の年末終値などを表示する東京証券取引所のモニター =30日午後、東京都中央区(寺河内美奈撮影)