「一日も早く捕まって」 世田谷一家4人殺害21年

事件から21年、墓参りで手を合わせる宮沢みきおさんの母、節子さん=30日、埼玉県新座市(代表撮影)
事件から21年、墓参りで手を合わせる宮沢みきおさんの母、節子さん=30日、埼玉県新座市(代表撮影)

東京都世田谷区で平成12年12月、会社員、宮沢みきおさん=当時(44)=の一家4人が殺害された事件から21年となった30日、宮沢さんの母、節子さん(90)が埼玉県新座市で4人の墓参りをした。報道陣の取材に「21年間変わらず、犯人が一日も早く捕まってくれないかと毎日毎日祈っている」と語った。

節子さんは墓石を布で丁寧に拭いた後、線香を供えてじっと手を合わせた。犯人への思いを問われ、「なぜ4人をこんな目に遭わせなくちゃいけなかったのか聞きたい。考えても理由が分からない」と訴えた。

事件は12年12月31日に発覚。宮沢さんと妻の泰子さん=同(41)、長女のにいなちゃん=同(8)、長男の礼ちゃん=同(6)=が殺害された。現場の遺留品から犯人の指紋やDNA型が判明している。