ジャンボ3機で日本へジャガイモ空輸 米物流CEOがツイート

「マックフライポテト」のSサイズ
「マックフライポテト」のSサイズ

日本マクドナルドのフライドポテト不足を巡り、米物流企業フレックスポートのピーターセン最高経営責任者(CEO)が28日、自身のツイッターに「(ボーイングのジャンボジェット機)747型3機で日本にジャガイモを空輸する契約を結んだ」と投稿した。

米メディアによると、日本マクドナルドが供給を受けるかどうかは明らかになっていないが、ツイッターには「ご厚意に感謝します」などと日本からとみられる投稿が相次いでいる。

日本マクドナルドはカナダのバンクーバー港近郊での大規模な水害などが響き、船便による北米からの輸入が遅延。24日から30日まで「マックフライポテト」のM、L両サイズの販売休止に追い込まれた。

ピーターセン氏は「人道的な考えではなく、利益の面から決断した」ともつぶやいた。(共同)