福島・磐越道で乗用車5台が多重事故 東北道も通行止め

福島県警本部(内田優作撮影)
福島県警本部(内田優作撮影)

30日午前7時55分ごろ、福島県郡山市の磐越自動車道下り線で、乗用車5台による多重事故があり、4人が体の痛みを訴え病院に搬送された。いずれも命に別条はない。事故で磐越道と東北自動車道の郡山ジャンクション(JCT)付近が約2時間半通行止めになった。

県警高速隊によると、スリップで単独事故を起こした車に、後続車両が衝突するなどした。通行止めになったのは磐越道の郡山東インターチェンジ(IC)―磐梯熱海ICの下り線と、東北道の郡山IC―郡山JCTの下り線、本宮IC―郡山JCTの上り線。

高速隊が事故の状況を調べている。