正論

働き方と新たなオフィスの挑戦 同志社大学名誉教授・三木光範

同志社大学名誉教授 三木光範氏
同志社大学名誉教授 三木光範氏

新型コロナの感染拡大が始まるまで、デスクが整然と並んでいた従来のオフィスではなく、広く開放的な空間の中に、カフェのようなエリア・斬新な会議エリア・植物に囲まれたエリア・和室―など多様な空間を作り、働く人が固定席に縛られることなく、仕事に最も適した空間を選択して、仕事の生産性を上げるオフィス(ABW)が求められ、大企業は次々とこれらABWを導入した。

オフィスの意味大きく変化

しかし、新型コロナの感染拡大によってオフィスの意味が大きく変化した。都心のオフィスでは「密」を防げず、対面での接触が避けられる自宅でのテレワークが増えた。業務はオンライン会議が中心となり、出社は限られた業務だけとなり、オフィスは不要ではないかとの疑問も出てきた。

ランキング

  1. 【石平のChina Watch】「習氏ボイコット」が始まった

  2. 【正論】皇室の情報発信はどうあるべきか 作家・竹田恒泰

  3. 【新聞に喝!】時代とずれた価値観の強制 イスラム思想研究者・飯山陽

  4. 【産経抄】1月24日

  5. 【正論】朝鮮民族は日本人が考えるような甘い民族ではない 韓国が企てる統一への反日戦略とは… 古田博司

  6. 【主張】ウクライナ危機 米国支え露の侵攻を阻め

  7. 【主張】世界遺産登録 ぶれずに佐渡金山推薦を

  8. 【主張】日米首脳会談 「核抑止」の欠落は疑問だ

  9. 【浪速風】耐え続けている

  10. 【主張】尾身氏の発言 いたずらに混乱させるな