フォト特集

駅や空港、家族連れで混雑 コロナ禍 2度目の年の瀬

帰省や旅行で、大きな荷物やスーツケースを持った人で混雑するJR東京駅の東海道新幹線ホーム =29日午前(納冨康撮影)
帰省や旅行で、大きな荷物やスーツケースを持った人で混雑するJR東京駅の東海道新幹線ホーム =29日午前(納冨康撮影)

新型コロナウイルス禍で2度目の年の瀬を迎えた。29日は年末年始を古里で過ごす人らの帰省の動きが本格化。コロナ禍前に及ばないものの、新幹線のホームや空港は大きなかばんや土産物を持った家族連れや旅行客らで混み合った。新変異株「オミクロン株」の市中感染が各地で確認されており、マスクをして消毒液を持参するなど警戒しながらの出発だった。

JR各社によると、29日午前の東海道新幹線下りの指定席はほぼ満席で、自由席乗車率が100%を超える「のぞみ」もあった。

帰省や旅行で、大きな荷物やスーツケースを持った人で混雑するJR東京駅の東海道新幹線ホーム =29日午前(納冨康撮影)
帰省や旅行で、大きな荷物やスーツケースを持った人で混雑するJR東京駅の東海道新幹線ホーム =29日午前(納冨康撮影)

昨年度の年末年始は空席が目立った空の便。航空各社が発表した17日時点の年末年始(25日~1月4日)の予約状況は、国内線が前年度比1・4倍の288万4千人。

高速道路各社の渋滞予想は年末年始にかけ、各地で10キロ以上の渋滞が発生する可能性があるとしている。

年末年始を古里で過ごす人たちの帰省ラッシュなどで、混雑する羽田空港の出発ロビー=29日午後
年末年始を古里で過ごす人たちの帰省ラッシュなどで、混雑する羽田空港の出発ロビー=29日午後
帰省ラッシュが本格化し、上下線共に混雑する夕方の東名高速道路・海老名サービスエリア付近。右側が東京方面=29日午後、神奈川県海老名市(共同通信社ヘリから)
帰省ラッシュが本格化し、上下線共に混雑する夕方の東名高速道路・海老名サービスエリア付近。右側が東京方面=29日午後、神奈川県海老名市(共同通信社ヘリから)
年末年始を古里で過ごす人たちの帰省ラッシュなどで、混雑する東名高速道路下り線(右)の神奈川・海老名サービスエリア付近=29日午後(共同通信社ヘリから)
年末年始を古里で過ごす人たちの帰省ラッシュなどで、混雑する東名高速道路下り線(右)の神奈川・海老名サービスエリア付近=29日午後(共同通信社ヘリから)

会員限定記事会員サービス詳細