動画

香港当局、民主派「立場新聞」幹部ら7人逮捕

ネットメディア「立場新聞」のオフィスから箱に入れた資料を運び出す警察官=29日、香港(ロイター)
ネットメディア「立場新聞」のオフィスから箱に入れた資料を運び出す警察官=29日、香港(ロイター)

【香港=藤本欣也】香港警察の国家安全当局は29日、香港・中国政府に批判的な香港ネットメディア「立場新聞」を家宅捜索し、扇動的な出版物の発行を共謀した容疑で新旧幹部ら7人を逮捕した。香港メディアが伝えた。

香港では6月、香港国家安全維持法(国安法)違反罪で起訴されるなどした大手紙、蘋果(ひんか)日報(アップルデイリー)が発行停止に追い込まれており、立場新聞は香港に残るほぼ唯一の民主派メディアだった。

当局は運営会社の資産約6100万香港ドル(約9億円)も凍結。これを受け立場新聞は同日、事業停止を表明した。記事も削除される。蘋果日報に続き、民主派メディアが解散に追い込まれる事態となった。

香港紙の明報(電子版)によると、逮捕されたのは編集長代理の林紹桐氏や前編集長の鍾沛権氏、運営会社元役員で人気女性歌手、何韻詩(デニス・ホー)氏ら。鍾氏の妻で蘋果日報副社長だった陳沛敏氏=国安法違反容疑で逮捕=も、立場新聞の扇動的出版物に記事を書いた疑いで再逮捕されたという。

警察当局は同日朝、200人以上を動員し、オフィスなどを捜索。社内の取材資料や個人の携帯電話を押収したとみられる。李桂華警視は記者会見で、「香港政府と中国への憎しみを扇動する報道は国家の安全を脅かした」とした。

立場新聞は蘋果日報の事件を受け、過去記事や読者投稿を削除。経営陣6人も退陣するなど、国安法下での事業継続を模索してきたが、当局がこれまでの報道姿勢を問題視した形だ。

香港記者協会は同日、声明を発表し、当局の捜査への「深い懸念」を表明。同協会主席で立場新聞取材副主任、陳朗昇氏もこの日に自宅を捜索され、一時連行されるなどしたという。

28日には香港司法当局が、蘋果日報と創業者の黎智英(ジミー・ライ)氏らを、市民の不法行為を扇動する狙いで扇動出版物を発行した共謀罪で追起訴。19日の立法会(議会)選で親中派が圧勝したことも加わり、当局のメディアに対する弾圧は今後、一段と強まる恐れがある。

>香港当局、批判報道を徹底弾圧 陳朗昇氏「危機」訴え