オメガが史上初の4連覇 競馬の東京大賞典

東京大賞典、1着9番オメガパフューム=29日、大井競馬場(撮影・奈良武)
東京大賞典、1着9番オメガパフューム=29日、大井競馬場(撮影・奈良武)

地方競馬の第67回東京大賞典(2000メートルダート、交流GⅠ)は29日、東京・大井競馬場で行われ、1番人気で中央所属のオメガパフューム(ミルコ・デムーロ騎乗)が2分4秒1で優勝し、このレース史上初の4連覇でGⅠ5勝目(いずれも地方交流)を飾るとともに、1着賞金8000万円を獲得した。

中団追走から徐々にポジションを上げたオメガパフュームは、最後の直線で力強く伸び、先に抜け出した3番人気のクリンチャーとのたたき合いを半馬身差で制した。さらに2馬身差3着には7番人気のウェスタールンドが入り、中央勢が上位を占めた。

払戻金は単勝が180円、枠複は⑤⑦で410円、枠単は⑤⑦で740円、馬複は⑨⑫で490円、馬単は⑨⑫で760円、3連複は⑤⑨⑫で2770円、3連単は⑨⑫⑤で6590円、ワイドは⑨⑫が230円、⑤⑨が520円、⑤⑫が1500円。

会員限定記事会員サービス詳細