福岡県代表が3連覇 ジュニア・ラグビー最終日

ジュニア・ラグビー最終日
ジュニア・ラグビー最終日

中学生世代のラグビー選手育成などを目的とする「第27回全国ジュニア・ラグビーフットボール大会」(主催・日本ラグビーフットボール協会、後援・産経新聞社など)は28日、最終日を迎え、東京都江東区の夢の島競技場で4試合が行われた。

第1グループB決勝は福岡県代表が長崎県代表を36-5で破り、3大会連続の7回目の優勝を果たした。福岡県代表の瓜生丈仁主将は「きつい試合だったが、仲間のサポートでいい経験になった」と笑顔で喜びを語った。

第2グループB決勝は宮崎県代表が千葉県スクール代表に26―21で勝ち初出場で初優勝を飾った。