仙台スーパー客切りつけ、殺人未遂罪は不起訴 刃物所持で略式命令

仙台地検は28日、仙台市太白区のスーパー西友仙台長町店で男性客に切り付けたとして、殺人未遂容疑で逮捕されていた女性(39)を不起訴処分とした。女性は事件当時、パート従業員として働いていた。地検は「殺人未遂罪ではなく傷害罪と認定できるが、事件後の事情などを考慮して判断した」としている。

区検は28日、凶器となった刃物を所持したとして、女性を銃刀法違反罪で略式起訴。仙台簡裁は罰金10万円の略式命令を出した。

宮城県警などによると、女性は今月11日午前5時25分ごろ、書籍コーナーで本を読んでいた男性客を切り付けた疑いで逮捕されていた。