ドコモ、対策の進捗を報告 大規模通信障害で

金子恭之総務相は28日の閣議後記者会見で、NTTドコモから、10月に発生した大規模通信障害を受けた再発防止策の進捗(しんちょく)状況の報告を受けたと明らかにした。ドコモは、障害のきっかけとなった設備工事の際に、事前の手順確認徹底といった対策を実施したことなどを伝えたという。

ドコモは11月に再発防止策を策定。総務省がその後、ドコモを行政指導した際に、防止策の実施状況について報告するよう求めていた。

報告は今月27日付。同様の障害が起きないよう、KDDI、ソフトバンク、楽天モバイルに対して要請していた緊急点検の結果も受け取った。