マラドーナ弟が死去 伊紙報道、日本でもプレー

ウーゴ・マラドーナさん(ゲッティ=共同)
ウーゴ・マラドーナさん(ゲッティ=共同)

昨年11月に亡くなったサッカー界のスーパースターで元アルゼンチン代表のディエゴ・マラドーナさんの弟で、かつて日本でもプレーしたウーゴ・マラドーナさんが心停止のためイタリア、ナポリ近郊の自宅で死去した。28日、同国のガゼッタ・デロ・スポルト紙(電子版)が伝えた。52歳だった。

ウーゴさんは1992年に来日し、地域リーグなどでもプレー。Jリーグでは福岡、札幌でプレーし、通算49試合出場で13得点だった。(共同)