維新落選候補に罰金50万円 衆院選で運動員買収

10月31日投開票の衆院選をめぐり、選挙運動の見返りとして運動員に報酬を支払ったとして、大津区検は28日、公選法違反(買収)の罪で滋賀3区で日本維新の会から立候補し、落選した直山仁(ひとし)氏(49)を略式起訴したと発表した。16日付。大津簡裁は罰金50万円の略式命令を出し、直山氏は28日納付した。

また、大津地検は同法違反(被買収)の疑いで滋賀県警に書類送検された大学生ら11人については起訴猶予とした。16日付。

起訴状などによると、直山氏は公示後の10月22~29日、滋賀県草津市の選挙事務所で投票を呼び掛けるといった選挙運動の見返りとして、運動員だった大学生ら11人に事務員を通じ、現金計8万7千円を渡したとしている。

直山氏は産経新聞の取材に「買収の意図は全くなく、交通費として渡したつもりだった。確認や認識不足で有権者らに迷惑をかけ、申し訳ない」と述べた。

衆院選で、直山氏は自民党の武村展英氏(49)に次ぐ4万1593票を集めたが、比例復活はならなかった。