成田山新勝寺で「納め札」お焚き上げ 年末恒例、御利益感謝

成田山新勝寺の「納め札お焚き上げ」で、お札を「智慧の火炎」に投げ入れる山伏姿の僧侶=28日午前、千葉県成田市
成田山新勝寺の「納め札お焚き上げ」で、お札を「智慧の火炎」に投げ入れる山伏姿の僧侶=28日午前、千葉県成田市

千葉県成田市の成田山新勝寺で28日、1年間に寺に納められたお札(護摩札)を燃やし、不動明王の御利益に感謝する年末の恒例儀式「納め札お焚き上げ」が行われた。

新勝寺によると、本尊の不動明王の分身とされるお札を「智慧の火炎」と呼ばれる炎に返し、感謝を表す。昨年と同様に新型コロナウイルス対策として、行事を一部簡素化させた。

山伏姿の僧侶たちがほら貝を吹きながら会場に現れ、木で組んだ炉から上がる炎に次々とお札を投げ入れた。読経が響く中、参拝者らは手を合わせて見守った。

正月三が日に約300万人が参拝する新勝寺では、今年の初詣シーズンの際、コロナ対策で混雑が予想される日を避けた「分散参拝」を呼び掛けていた。感染状況は落ち着いてきているとして、現時点では要請を見送る方針。