茨城・鹿嶋のイオン切りつけ、万引疑い声かけの警備員襲う

茨城県警本部=水戸市
茨城県警本部=水戸市

茨城県鹿嶋市のイオン鹿嶋店で28日夕、男性警備員(64)が同市に住む無職、君和田健二容疑者(48)=殺人未遂容疑で現行犯逮捕=に折りたたみナイフで切られて負傷した事件で、万引を疑った警備員が君和田容疑者に声をかけていたことが県警への取材で分かった。警備員は救急搬送時に意識があり、命に別条はないとみられる。

県警によると、君和田容疑者は「殺そうとは思わなかった」と容疑を否認している。

県警鹿嶋署によると、午後4時35分ごろ、店から君和田容疑者に関して「過去の万引犯と似た人を見つけた」と通報があった。署員が到着する前に君和田容疑者が店を出たため、警備員が声をかけたところ、刃物を持って抵抗。警備員は取り押さえようとした際に顔から首付近を切られ、その後、到着した署員が容疑者の身柄を確保した。