正論

「習皇帝」の夢は華夷秩序復活か 東京大学名誉教授・平川祐弘

東京大学名誉教授 平川祐弘氏
東京大学名誉教授 平川祐弘氏

文学研究が同時に外交研究として通用するなら、秀逸な証左だが、西原大輔東京外国語大学国際日本学研究院教授の『室町時代の日明外交と能狂言』(笠間書院)は見事な国際文化関係論だ。著者は気持ちのいい学究で、遠慮せず、先輩の誤りを指摘し、問題の所在を明らかにする。

戦後イデオロギーからの解放

西原教授が戦後イデオロギーに拘束されず、発言する例をあげる。能楽評論の大家、増田正造氏は、「世阿弥は平和や繁栄という根元的なものは賛美したけれど、室町幕府や義満を称える能をひとつも書かなかった」と『能の表現』(中央公論新書)で書いた。だが、「政府や権力者を賛美するのは悪だとする戦後イデオロギー」の色眼鏡から自由でないから、こんな誤りを平気で書く、と西原は言う。世阿弥ら「御用役者が制作した能、とりわけ脇能の多くが、国家や将軍をめぐる慶事などを背景にして制作された」(天野文雄著『世阿弥がいた場所』、ぺりかん社)のだ。

ランキング

  1. 【石平のChina Watch】「習氏ボイコット」が始まった

  2. 【産経抄】1月23日

  3. 【主張】日米首脳会談 「核抑止」の欠落は疑問だ

  4. 【主張】東証の市場再編 投資呼び込む魅力高めよ

  5. 【主張】尾身氏の発言 いたずらに混乱させるな

  6. 【正論】画期的な「旧宮家からの養子」案 国士舘大学特任教授、日本大学名誉教授・百地章

  7. 【浪速風】ときには「オオカミ少年」に

  8. 【産経抄】1月22日

  9. 【正論】人間だけが「不倫」と騒ぐ不思議 昨今「いけない」と叫ぶのは「真面目型の男たち」だ 動物行動学研究家、エッセイスト・竹内久美子

  10. 【正論】「愛子天皇」待望論は国を滅ぼす エッセイスト動物行動学研究家・竹内久美子