フォト特集

高校サッカー「新たな聖地」でキックオフ

第100回全国高校サッカー選手権大会 国立競技場で行われた開幕戦。関東第一が中津東に6-0で勝利した=国立競技場(撮影・蔵賢斗)
第100回全国高校サッカー選手権大会 国立競技場で行われた開幕戦。関東第一が中津東に6-0で勝利した=国立競技場(撮影・蔵賢斗)

第100回の節目を迎えた全国高校サッカー選手権が28日、東京・国立競技場で開幕し、1回戦で関東第一(東京B)が中津東(大分)に6―0で快勝した。東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムだった国立競技場の使用は第92回大会以来。来年1月8日の準決勝と10日の決勝も同会場で、観客数を制限せずに行われる。

開会式で選手宣誓する高川学園の奥野奨太主将(手前中央)=国立競技場(撮影・蔵賢斗)
開会式で選手宣誓する高川学園の奥野奨太主将(手前中央)=国立競技場(撮影・蔵賢斗)

試合に先立ち、前回は新型コロナウイルス感染拡大の影響で見送られた開会式を実施。

開会式で選手宣誓する高川学園の奥野奨太主将=国立競技場(撮影・蔵賢斗)
開会式で選手宣誓する高川学園の奥野奨太主将=国立競技場(撮影・蔵賢斗)

高川学園(山口)の奥野奨太主将が「私たち代表48校は全国各地から、ここ高校サッカーの新たな聖地・新国立競技場に初めて集えたことに大変感激しています。新型コロナ感染症により、当たり前だった日常が当たり前ではなくなり、楽しみにしていたさまざまな学校行事が中止となりました。満足にサッカーをできない日々が続き、何度も心が折れそうになりました。全国でワクチン接種が進み、感染状況が落ち着いてきたことで、きょうこの聖地に私たちは立つことができました。これも、日々新型コロナ感染症と戦ってくださっている全国の医療従事者のみなさまのおかげです。記念すべき100回大会、先輩たちから受け継いだこのバトンを後輩たちにつなぎ、明日へ、そして未来へ、すべての選手とともに、アフターコロナ、新時代を切り開くゴールを決めるため、すべてのプレーに正々堂々、全身全霊を尽くし、日本サッカー界の伝統に、選手権の歴史に、新たな1ページを書き記すことをここに誓います」と力強く選手宣誓を行った。

開会式で整列する選手ら=国立競技場(撮影・蔵賢斗)
開会式で整列する選手ら=国立競技場(撮影・蔵賢斗)
国立競技場で行われた開会式(撮影・蔵賢斗)
国立競技場で行われた開会式(撮影・蔵賢斗)
開会式で選手宣誓する高川学園の奥野奨太主将=国立競技場(撮影・蔵賢斗)
開会式で選手宣誓する高川学園の奥野奨太主将=国立競技場(撮影・蔵賢斗)
国立競技場で行われた開会式(撮影・蔵賢斗)
国立競技場で行われた開会式(撮影・蔵賢斗)
国立競技場で行われた関東第一ー中津東の開幕戦=(撮影・蔵賢斗)
国立競技場で行われた関東第一ー中津東の開幕戦=(撮影・蔵賢斗)
関東第一ー中津東 後半、チーム6点目となるゴールを決める関東第一・肥田野蓮治(中央)=国立競技場(撮影・蔵賢斗)
関東第一ー中津東 後半、チーム6点目となるゴールを決める関東第一・肥田野蓮治(中央)=国立競技場(撮影・蔵賢斗)