ニカラグア、台湾の大使館建物を中国へ譲渡 台湾「断固抗議」

国交回復に関する文書に署名した中国の馬朝旭外務次官(右)とニカラグアの政府代表=10日、中国天津市(新華社=共同)
国交回復に関する文書に署名した中国の馬朝旭外務次官(右)とニカラグアの政府代表=10日、中国天津市(新華社=共同)

今月台湾と断交し中国と国交を樹立した中米ニカラグア政府が27日、首都マナグアで台湾が大使館として使用していた建物を没収し、中国に引き渡した。台湾は建物をニカラグアのカトリック大司教区に寄付しており、中国への引き渡しに猛抗議した。ニカラグアのメディアが報じた。

台湾当局は声明で「不動産の不法占拠と中国への違法な譲渡は受け入れられない。断固として抗議する」と述べた。

ニカラグアの左派オルテガ政権は今月9日、台湾との外交関係断絶を発表。中国と国交回復の文書を天津で交わした。台湾は外交関係断絶が一方的に行われたことや、外交官らがニカラグアを立ち退くまでの期限が通常の半分の2週間しか与えられなかったことに対しても抗議した。(共同)