野田担当相、総裁選意欲「いつもある」

野田聖子少子化担当相(春名中撮影)
野田聖子少子化担当相(春名中撮影)

野田聖子孤独・孤立対策担当相は28日の記者会見で、将来の自民党総裁選への対応について「(立候補の意欲は)いつもある。次もしっかり総裁選に向け切磋琢磨していこうということだ」と述べた。

今年9月の総裁選を振り返り「結果的には惨敗だったが、討論することが日本を変える大きな源泉だと実感した」と説明。総裁選は毎回、党員・党友らも投票できるようにすべきだと訴えた。