安倍元首相、再び不起訴

安倍晋三元首相
安倍晋三元首相

安倍晋三元首相の後援会が「桜を見る会」前日に主催した夕食会の費用補塡(ほてん)問題で、東京地検特捜部は28日、補塡が有権者への寄付にあたるなどとして公職選挙法違反罪などで告発されていた安倍氏について、再捜査の結果、再び不起訴とした。

特捜部は昨年12月、夕食会の参加者が寄付を受けた認識があったとする証拠が不十分だったなどとして安倍氏を不起訴にしたが、東京第1検察審査会は今年7月、「一部の参加者の供述だけで判断するのは不十分」と指摘。メールなど客観証拠も入手すべきだとして「不起訴不当」と議決していた。

特捜部は議決を受け、再捜査。参加者を再び聴取するなどしたが、参加者から夕食会の費用について寄付を受けたとする認識を確認できる証拠が得られなかったとみられる。