30日から再び日本海側で大荒れ 元日にかけ大雪警戒を

28日午後1時現在の気象衛星ひまわりの雲画像
28日午後1時現在の気象衛星ひまわりの雲画像

30日から元日ごろにかけて冬型の気圧配置が再び強まり、北日本から西日本の日本海側を中心に天気が大荒れになるとして、気象庁は28日、大雪や吹雪、吹きだまりによる交通障害、強風、高波に警戒を呼び掛けた。

気象庁によると、上空に流れ込む強い寒気の影響で強い冬型の気圧配置となる。予想よりも強まれば暴風雪や大しけの恐れがある。帰省や遠出の時期と重なるため、警報など今後の気象情報に注意するよう求めている。