警視庁、38人分の情報紛失 区営住宅申込者、流出なし

警視庁外観
警視庁外観

警視庁組織犯罪対策3課は27日、東京都目黒区から預かっていた区営住宅の申込者38人分の個人情報が記録されたフロッピーディスク2枚を紛失したと明らかにした。暴力団関係者がいないかどうかを照会するためのもので、情報流出は確認されていない。

同課によると、フロッピーディスクには申込者の名前や生年月日、性別が記録されていた。令和元年12月と3年2月に目黒区から1枚ずつ預かった。12月7日、区職員から「預けていた分を返してほしい」と依頼があり、保管庫を確認したところ紛失が発覚した。