全日本バドで奥原、下農らが8強入り

バドミントンの全日本総合選手権第3日は27日、東京・武蔵野の森総合スポーツプラザで各種目の2回戦が行われ、シングルスの女子で3連覇を狙う東京五輪代表の奥原希望(太陽ホールディングス)は栗原あかり(筑波大)に2―1で競り勝ち、準々決勝に進んだ。男子で初優勝を目指す下農走は秦野陸(ともにトナミ運輸)に2―0で勝って8強入りした。

女子ダブルスで東京五輪に出場した福島由紀は杉村南美(ともに丸杉)とのペアで、高校生相手にストレート勝ちした。