関税法違反罪で漫画家起訴 名古屋地検、児童ポルノ輸入

名古屋地検岡崎支部は27日、ドイツから児童ポルノの写真集を輸入したとして、関税法違反(禁制品輸入)の罪で、千葉県船橋市の漫画家、鈴木健也容疑者(40)を起訴した。

起訴状などによると、昨年9月と同10月の2回、児童の裸が載った写真集を国際書留でドイツから発送させ、輸入したとしている。

愛知県警は、鈴木被告の自宅から児童ポルノが掲載された書籍46冊を押収した。代表作に「おしえて! ギャル子ちゃん」などがある。