野田元首相「女性宮家ない」 皇位継承報告を批判

検討委員会準備会であいさつする立憲民主党の野田元首相=27日午後、国会
検討委員会準備会であいさつする立憲民主党の野田元首相=27日午後、国会

立憲民主党は27日、安定的な皇位継承に関する検討委員会の準備会合を開き、野田佳彦元首相を委員長に充てることを決めた。野田氏は会合で、政府の有識者会議による最終報告について「安定的な皇位継承を確保する諸課題の整理を先送りし、女性宮家という言葉が全く出ていない。相当論点が多い」と批判した。

最終報告では、皇族数の確保策として女性皇族が婚姻後も皇室に残る案と旧宮家の男系男子が養子縁組などで皇籍復帰する案を盛り込んでいる。野田氏は首相在任中、女性宮家創設を検討した。

立民は来月17日に予定される通常国会の召集前後に初会合を開き、早急に党としての考えをまとめる。