片山議員疑惑巡り文春勝訴 「重要部分で真実相当」

片山さつき参院議員
片山さつき参院議員

自民党の片山さつき参院議員が、国税庁への口利きの対価として100万円を受け取ったとする週刊文春の報道で名誉を傷つけられたとして、発行元の文芸春秋に1100万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁(大浜寿美裁判長)は27日、「重要な部分について真実と信じる相当の理由がある」として、片山氏の請求を棄却した。

判決によると、平成30年10月18日発行の週刊文春は、会社経営者が会社の確定申告に関して片山氏側に100万円を支払い国税当局への口利きを依頼し、片山氏は旧知の国税局長とされる人物に電話をかけたと報道。「あっせん利得処罰法違反の疑いがある」との元検事の指摘を記載した。

訴訟で片山氏側は「口利きをしようとした事実はなく、記事に公益目的があるとも言えない」と主張していた。