共産が参院選鹿児島に独自候補擁立 1人区では初

共産党は27日、来年夏の参院選鹿児島選挙区(改選数1)に党県書記長の山口広延氏(46)を擁立すると発表した。1人区における独自候補の擁立発表は初めて。

共産は1人区で野党統一候補の擁立を目指す一方、野党間の調整に関して「対等・平等・相互尊重が不可欠の前提」としている。

小池晃書記局長は同日の記者会見で「これからも1人区での候補者の擁立発表は進めていきたい。同時に立民とは話し合いをしっかり行って、なんとか統一候補にしていくような努力をしていきたい」と語った。