メダリスト・オン・アイスで羽生らが舞う

メダリスト・オン・アイス2021で演技する羽生結弦=27日、さいたまスーパーアリーナ(彦野公太朗撮影)
メダリスト・オン・アイス2021で演技する羽生結弦=27日、さいたまスーパーアリーナ(彦野公太朗撮影)

フィギュアスケートの北京五輪代表に選出された全日本選手権上位選手らによるエキシビション「ニチレイプレゼンツ オールジャパン メダリスト・オン・アイス2021」(産経新聞社など主催)が27日、さいたま市のさいたまスーパーアリーナで行われ、五輪3連覇を目指す男子の羽生結弦(ゆづる)(ANA)や女子で2大会連続の五輪出場を決めた坂本花織(シスメックス)らが観客を魅了した。

羽生は、昨季のショートプログラム(SP)「レット・ミー・エンターテイン・ユー」のアップテンポな音楽に乗り、キレのあるステップを披露した。全日本2位の宇野昌磨は、米歌手のマイケル・ジャクソンさんの曲で華麗な足技「ムーンウォーク」を見せ、会場を沸かせた。

坂本は、黒い衣装に身を包み、ダブルアクセル(2回転半)などを成功させた。