那智の滝で迎春準備 しめ縄張り替え

那智の滝の上に架かる大しめ縄を張り替える神職ら=27日午前、和歌山県那智勝浦町
那智の滝の上に架かる大しめ縄を張り替える神職ら=27日午前、和歌山県那智勝浦町

和歌山県那智勝浦町の世界遺産・熊野那智大社で27日、新年を前に「那智の滝」の上に架かる大しめ縄が張り替えられた。

大しめ縄は長さ約26メートル、重さ約4キロ。高さ133メートルの滝の上で、白装束に烏帽子姿の神職らが命綱を着けて作業した。前夜の降雪で山中の所々に雪が残り、神職らは冷たい水に足を漬けて慎重に張り替えた。

滝は大みそかから元日朝にかけてライトアップされ、県内外からの参拝客を迎える。

那智の滝の上に架かる大しめ縄を張り替える神職ら=27日午前、和歌山県那智勝浦町
那智の滝の上に架かる大しめ縄を張り替える神職ら=27日午前、和歌山県那智勝浦町

大しめ縄の張り替えは年の瀬と、7月の例大祭「那智の扇祭り」前に行われる恒例行事。