大阪・西区の歓楽街「松島新地」で火災 けが人なし

歓楽街「松島新地」で発生した火災現場で消火作業を行う消防士ら=27日午後、大阪市西区(南雲都撮影)
歓楽街「松島新地」で発生した火災現場で消火作業を行う消防士ら=27日午後、大阪市西区(南雲都撮影)

27日午前11時55分ごろ、大阪市西区九条の料理店で「煙が出ている」と近隣住民から119番があった。火は約1時間後にほぼ消し止められたが、木造2階建て2棟計約250平方メートルが燃えた。けが人はなかった。現場は「松島新地」と呼ばれる歓楽街。

大阪府警西署によると、出火当時、料理店の2階で女性従業員が1人で掃除をしていたといい、女性従業員は「1階からボンと爆発音が聞こえてきた」と話している。1階はストーブなどが置かれていたといい、同署は出火原因を詳しく調べている。