世界の論点

猛威振るうオミクロン株

21日、新型コロナウイルスのオミクロン株感染が急増する中、ワクチン接種会場に活用される米シカゴのマクドナルド (ロイター)
21日、新型コロナウイルスのオミクロン株感染が急増する中、ワクチン接種会場に活用される米シカゴのマクドナルド (ロイター)

新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」が世界で猛威を振るっている。南アフリカなどで11月下旬に確認された同株は国際便の乗客などを介して世界に拡散し、感染力の高いデルタ株に代わって新型コロナの感染再拡大を欧米で引き起こしている。英政府は行動規制導入に慎重だが、同国メディアからは重症化リスクを警戒すべきだとの報道も多く、米国ではワクチン接種義務化の動きを支持する論調も出ている。

≪ポイント≫

・重症度を初期に正確に見積もるのは困難

ランキング

  1. 【風を読む】廃校を狙う中国エリート校 論説副委員長・佐々木類

  2. 【一筆多論】認知症薬、期待と現実と 佐藤好美

  3. 【正論】「偽情報」拡散も安全保障の脅威 日本大学教授・松本佐保

  4. 【産経抄】1月18日

  5. 【浪速風】自衛隊法の改正急務

  6. 【多面鏡】止まらぬ無差別殺傷 「無敵の人」を生んだのは誰か 東京社会部長・酒井孝太郎

  7. 【主張】施政方針演説 安保の説明に熱量足りぬ

  8. 【正論】文政権の失敗から学ぶべき教訓 龍谷大学教授・李相哲

  9. 【世界の論点】コロナ「反ワクチン派の自由」

  10. 【一筆多論】東かがわ市は頭を冷やせ 佐々木類