オーシャンズXが突き止めた海洋ごみの発生源

調査員が歩いて移動し、目視でごみの量や種類を確認する(日本財団提供)
調査員が歩いて移動し、目視でごみの量や種類を確認する(日本財団提供)

地球規模の環境問題となっているマイクロプラスチックなどの海洋プラごみ問題。外洋の影響を受けにくい瀬戸内海に面する広島、岡山、愛媛、香川の4県と公益財団法人「日本財団」(東京)が、瀬戸内海の海洋プラごみの新規発生をゼロに近づけることを目標にした「瀬戸内オーシャンズX(エックス)」が進行中だ。5カ年のプロジェクトは、海ごみ発生の実態を把握する第1段階で陸からのアプローチとして、人間が実際に川沿いの延べ1100キロ超を歩いて調査を行った。実測に参加した担当者に話を聞いた。

歩いた総距離1188キロ

海ごみを削減するためになぜ河川を調査するのだろうか。

研究によると、海に流れ込むごみの約7割は陸地に由来するといい、その大半が水路や河川を経由する。瀬戸内海の場合、ごみは他の海域からほとんど流入してこないため、瀬戸内地方で生活する人たちが出したごみが流出して海に流れ込んでいるとみられる。

それを食い止められれば瀬戸内海の海ごみは減らせるという算段だ。

川に流れ込んだごみの状況を歩いて調べるのは気が遠くなるような話だ。

調査は2人一組で下流から上流へ向かい、50メートルごとに区画分けをし、ごみの量と種類(レジ袋、ペットボトル、プラ片、袋詰めごみ、缶ビン紙くず)を目視で確認し記録する。目安の一日約10キロの調査に6~8時間かかる。それでも、令和2年12月から5月にかけて4県分が完了した。

調査地点は、河川・水路280本、調査地点2万3770地点、総距離は1188キロ(広島331キロ、岡山255キロ、愛媛274キロ、香川328キロ)。調査委託先の測量会社の社員を中心にのべ266人が歩いた。

ホットスポットを把握

自身も各県25キロずつ計100キロの調査を担当した日本財団香川事務所長の塩入同(とも)さんは「従来は総量の把握が優先されがちだったが、流出を減らすには発生源やメカニズムの把握が重要だと分かってきた。地道だが、まんべんなくほぼ同じ基準で調べられる手法が開発できたのは大きい」と指摘したうえで「(今回は)人口集中エリアを網羅した、世界でも例をみない河川流域での発生源調査になった」と振り返る。

自販機そばのごみ箱から落下したごみ。愛媛県内で(日本財団提供)
自販機そばのごみ箱から落下したごみ。愛媛県内で(日本財団提供)

散乱ごみが際立つ「ホットスポット」は1711カ所(広島527カ所、岡山318カ所、愛媛399カ所、香川467カ所)が確認できた。今回の結果に基づき、4県から半年間で100トン以上のプラごみが河川から瀬戸内海に流出したと推定している。今後は、水中ドローンなどを用いた海での調査、人工衛星による画像の解析なども合わせて、瀬戸内海全体の海ごみ発生・分布の実態を把握して対策に活用していく考えだ。

塩入さんは、河川に流れ出る原因は「ポイ捨て」系と「漏洩(ろうえい)」系に大別されるとし、ポイ捨て系は①幹線道路沿いの車から②コンビニ周辺-などに分類され、漏洩系は河川に近接する住民用や事業所のごみ集積場が主な発生源と分析する。

「ルールを破ってごみを出す人が多い場所、長距離輸送の運転手が車内で出たごみを捨てる場所がないといった個別の事情が分かれば、必要な場所にごみ箱を置いたり、集積場の場所を移動したりという対処ができる」と説明する。

水量が少なくごみがたまっている。香川県内で(日本財団提供)
水量が少なくごみがたまっている。香川県内で(日本財団提供)

他地域の手本をめざす

県別の特徴もみえてきた。広島県は豪雨が多い季節にごみが河川に流出▽岡山県は平野部の水路が全国平均の5倍以上で水門や網場(あば)などにごみがたまる▽愛媛県はプラ系や袋詰めのごみの流出比率が高い▽香川県は雨の降る頻度が少なくごみが河川に滞留しやすい-といった具合だ。

「地域住民がホットスポットを認識すれば、どこで、いつ清掃活動をやれば有効かが分かる。清掃の手が届いていないホットスポットへの対策も立てられる」と話す。オーシャンズXのサイトでは調査結果をデータプラットフォームで公開し、どこにごみ発生源があるのかが目で見て実感できるようになっている。

塩入さんは「みなさんを巻き込んで、瀬戸内海の海ごみを劇的に減らし、国内外に向けて一緒に手本を示そう」と訴えている。(和田基宏)