ヤクルト・村上、故郷熊本で祝賀会 母の手料理、実家の犬に「癒やされた」 今季セ・リーグMVP

故郷の熊本市で記者会見するヤクルト・村上。奥は熊本城=26日
故郷の熊本市で記者会見するヤクルト・村上。奥は熊本城=26日

今季セ・リーグ最優秀選手に輝いたヤクルトの村上宗隆内野手が26日、故郷の熊本市内のホテルで母校の熊本・九州学院高OB会が主催した祝賀会に出席し「熊本に戻って母の手料理を食べ、実家の犬にベロベロなめられて癒やされた」とリラックスした表情で話した。

ドラフト1位で入団して4年目の今季は全試合で4番打者を務めて日本一に大きく貢献。39本塁打で巨人の岡本和真内野手と並び初の本塁打王に輝いた。東京五輪では金メダルを獲得し「本当にいい一年になった。僕一人では達成できなかった。チームメート、支えてくださった方々に感謝している」と振り返った。

故郷の熊本市で開かれた祝賀会であいさつするヤクルト・村上=26日
故郷の熊本市で開かれた祝賀会であいさつするヤクルト・村上=26日

2016年の熊本地震で被災した熊本城の復興支援で昨季から本塁打を打つごとに一定額を寄付し続けている。「復興することでたくさんの観光客が足を運んでくれたらうれしい。またきれいな熊本城が見たいし、野球を続ける限り寄付を続けていく」と息の長い活躍を誓った。

会員限定記事会員サービス詳細