二酸化炭素を吸収する“海藻の森”をラッコが救う

海中に森のように広がって大量の二酸化炭素を吸収してきた海藻のジャイアントケルプが、カリフォルニア沖でウニの食害によって危機に瀕している。そこで米国の水族館が始めたのが、ウニの天敵であるラッコの個体数を増やすことで、この“海藻の森”を取り戻す試みだ。

TEXT BY MATT SIMONTRANSLATION BY NORIKO ISHIGAKI

WIRED(US)

カリフォルニア沖の海中には、海藻の一種であるジャイアントケルプ(オオウキモ)の“森”が広がっている。ジャイアントケルプは1日に30cmの速さで伸び、30mにまで成長する特性をもつ。

陸上の森が空気中の二酸化炭素を吸収するのと同じように、成長が速いこの海藻の森もまた水中の炭素を吸収し、気候変動の緩和において驚くほど重要な役割を果たしている。「ジャイアントケルプは大量の炭素を吸収します。一般的に、ジャイアントケルプの森は陸上の森よりずっと生産的で、速く炭素を吸収するのです」と、カリフォルニア大学サンタクルーズ校の生態学者であるクリス・ウィルマーズは言う。

ところが18世紀以降、カリフォルニア沿岸のジャイアントケルプの森はムラサキウニによってどんどん食べられていった。ウニを捕食するラッコが、良質な毛皮を目当てに乱獲されたからだ(ほかの海生哺乳動物とは異なり、ラッコは分厚い脂肪ではなく密度の高い毛で体温を維持する。最も密度の高いところでは、1インチ=2.54cm四方あたり100万本の毛が生えている)。カリフォルニア沿岸に生息するラッコは、この200年余りで20,000頭から50頭にまで激減しているという。

ラッコの養子縁組

ジャイアントケルプの森を巡回するラッコの姿が消えると、海域に生息するウニは爆発的に増える。それまで岩の割れ目に隠れてデトリタス(生物由来の有機物)が流れてくるのを待っていたウニが、自ら果敢に餌をとりに行くようになるからだ。

「ラッコがいなくなるとウニが一帯を支配するほど増え、ウニ焼け(ウニの食害による磯焼け)が起こります」と、モントレーベイ水族館でラッコプログラムのマネジャーを務めるジェス・フジイは説明する。「海中がウニに覆われた岩と硬化した堆積層だけの世界になるのです」。米国の西海岸では、過去数年でウニの数が100倍に増えた場所もある。こうしてカリフォルニア州では、ジャイアントケルプの森の95%が消えた。

こうしたなかモントレーベイ水族館は、何ともかわいらしい「養子育成プログラム」を2002年に立ち上げ、ラッコの個体数の回復に取り組んでいる。飼育下においたメスのラッコに、親のいない赤ちゃんラッコの世話をしてもらおうというのだ。

赤ちゃんラッコは、ホホジロザメに襲撃された際に親とはぐれてしまうケースが少なくない。なお、ホホジロザメはラッコを噛んで襲うことはあるが、毛皮より脂肪を好むので、実際に食べてしまうことはないという。

母親役になったラッコは、ラッコとして生きていくための技術を子どもに教える。毛づくろいの仕方や仰向けで海に浮かぶ方法、石を使ってお腹の上でウニを割る方法などだ。「人の手で餌をやったり、何かを教えたりはしません。ラッコの技術をラッコから学ぶのです」と、フジイは言う。「生後1日で当館へやってくるラッコもいます。自分のすみかについてまったく知らない状態です」

会員限定記事会員サービス詳細