明大、京産大が4強入り ラグビー大学選手権

【第58回全国大学ラグビーフットボール選手権大会 準々決勝 早稲田大対明治大(早明戦)】 後半 攻め込む明大の選手たち=秩父宮ラグビー場(撮影・福島範和)
【第58回全国大学ラグビーフットボール選手権大会 準々決勝 早稲田大対明治大(早明戦)】 後半 攻め込む明大の選手たち=秩父宮ラグビー場(撮影・福島範和)

ラグビーの全国大学選手権第5日は26日、東京・秩父宮ラグビー場などで準々決勝4試合が行われ、明大(関東対抗戦3位)は早大(同2位)に20―15、京産大(関西1位)は日大(関東リーグ戦2位)に27―26で競り勝ち、それぞれ準決勝に進んだ。京産大は15大会ぶりの4強入り。

4大会ぶりの優勝を狙う帝京大(関東対抗戦1位)は同大(関西4位)を76―24で圧倒。東海大(関東リーグ戦1位)は慶大(関東対抗戦4位)に27―12で快勝し、4強入りを決めた。

準決勝は東海大―明大、帝京大―京産大の組み合わせで来年1月2日に東京・国立競技場で行われる。

会員限定記事会員サービス詳細