書評

『32歳。いきなり介護がやってきた。 時をかける認知症の父と、がんの母と』あまのさくや著

若年性認知症となった父と末期がんの母のダブル介護生活に32歳で突入したエッセイストが、介護の日々をつづった。

かつて外資系企業でバリバリ働いていた父親は56歳で異変が出始め、7年後に認知症と診断。その翌年、母親に末期のがんがみつかる。兄弟はいるものの、独身の著者に2人の介護がのしかかり、母親の死後も父親の介護は続く…。

年齢に関係なく、だれもが介護する側・される側になる。近年はヤングケアラーの存在にも、ようやく光が当たり始めた。若くして介護する側となったとき、自身の人生をどう生きるべきかを問いかける。(佼成出版社・1430円)

会員限定記事会員サービス詳細