速報

北京五輪フィギュア代表に羽生、宇野ら アイスダンスは小松原組に

観客に手を振る(右から)羽生結弦、宇野昌磨、鍵山優真=26日午後9時41分、さいたまスーパーアリーナ(彦野公太朗撮影)
観客に手を振る(右から)羽生結弦、宇野昌磨、鍵山優真=26日午後9時41分、さいたまスーパーアリーナ(彦野公太朗撮影)

日本スケート連盟は26日、フィギュアスケートの全日本選手権終了後に北京冬季五輪代表を発表し、男子は五輪2連覇中の羽生結弦(ANA)、2018年平昌五輪銀メダルの宇野昌磨(トヨタ自動車)、初出場となる鍵山優真(オリエンタルバイオ・星槎)が選ばれた。女子は2大会連続となる坂本花織(シスメックス)のほか、樋口新葉(明大)、河辺愛菜(木下アカデミー)が名を連ねた。

1枠を争ったアイスダンスは全日本4連覇を果たした小松原美里、小松原尊組(倉敷FSC)が北京行きの切符をつかんだ。村元哉中、高橋大輔組(関大KFSC)は代表入りを逃した。

ペアはすでに三浦璃来、木原龍一組(木下グループ)が代表入りを決めている。

競技一覧

会員限定記事会員サービス詳細