歴史の交差点

煤払いと政治 武蔵野大特任教授・山内昌之

成田山新勝寺で行われた年末恒例のすす払い=13日早朝、千葉県成田市
成田山新勝寺で行われた年末恒例のすす払い=13日早朝、千葉県成田市

令和3年の師走も押し迫ってきた。3月や5月なら、上巳(じょうし)の節句や端午の節句など目出度(めでた)い行事をすぐ思い出せるが、12月は存外にイメージが湧かないと言う人も多い。最近出された『大名の江戸暮らし事典』(松尾美恵子・藤實久美子編)を繙(ひもと)くと、江戸城や各藩邸では、重要行事として煤掃(すすはき)が13日に行われたことが分かる。

面白いのは、煤払いをするために、わざわざ秘仏の本尊を開帳する寺院も多かったことだ。早くも12月9日には三田魚籃観音でも煤払いに託して開帳されていた。こう指摘した『東都歳事記』(新訂・下巻、市古夏生・鈴木健一校訂、ちくま学芸文庫)はさらに、ほぼ同時期に煤払いと開帳を行った例として、目黒不動尊、浅草寺観世音、谷中天王寺毘沙門などを挙げている。江戸時代の事例は、おそらく煤払いに託して、本尊を人びとに拝ませる好意の表れなのだろう。いまでも定日とは別に、年末に特別に開帳する寺が多いかもしれない。

江戸時代の百科事典ともいうべき『和漢三才図会』(8巻、島田勇雄ほか訳注、平凡社東洋文庫)によれば、家の梁(はり)はみな煙に染まると真っ黒になり、そこに塵埃(じんあい)が混じったのを「すす」と呼んだのである。かつては貴賤(きせん)を問わずに、12月13日に煤払いをする慣習が普通であった。家の内に煤竹を入れて、すす餅で祝うのを定例としていた。冬至を迎えてまもなく、曙(あけぼの)の空から畳をたたく音がしたかと思えば、冬の日影は早くも昼を告げる頃になる。

芭蕉には、「煤掃は己が棚つる大工かな」という名句がある。普段は依頼された仕事で忙しい大工が、年末の煤掃ともなれば、家族に催促されて家の棚を作るなど、体裁を脇に措(お)いてまめに働くというのだ。これは年末でないと見られぬ光景だと芭蕉は揶揄(やゆ)したのだろう。武家に家来として仕える用人はしばしば味噌(みそ)用人や味噌と通称されたが、この武骨者も袋をかぶり蓑(みの)を着て煤払いをした。

会員限定記事会員サービス詳細