沖縄米軍クラスター 感染255人に

米軍基地キャンプ・ハンセンで新型コロナウイルスのクラスターが発生した問題で、沖縄県は25日、新たに米兵15人が感染したと発表した。クラスターの累計感染者は255人となった。

また、住民ら3人が新たな変異株「オミクロン株」に感染した疑いがあり、ゲノム解析をしていると明らかにした。3人のうち2人は基地関係者だが、1人は基地と無関係で、オミクロン株なら市中感染の疑いもあるという。