日本代表新主将に東江 ハンド男子アジア選手権

ハンドボール男子のアジア選手権(来年1月・サウジアラビア)に出場する日本代表が25日、オンラインで記者会見し、シグルドソン監督は東京五輪で主将を務めた土井レミイ杏利(ジークスター東京)が日本代表を引退したため、東江雄斗(ジークスター東京)に主将を託すと明らかにした。

開催国枠で8大会ぶりに出場した東京五輪後初の国際大会。東江は「自覚と責任をしっかり持つことを決めた。優勝が目標。そこに向けてチームの力になれるように頑張っていく」と力強く語った。昨年のアジア選手権で日本を3位に導いたシグルドソン監督は「前回は非常に成功した大会だった。成功を続けたい」と抱負を述べた。