石川昂、定位置取りに意欲「来年はやってやろう」

中日の石川昂弥内野手が25日、愛知県東海市で自主トレーニングを公開し、定位置取りに意欲を示した。ドラフト1位で入団2年目の今季はけがの影響もあり、1軍出場なしに終わり「悔しい。その分、来年は必ずやってやろうという気持ちが強くある」と話した。

秋季練習で新任の立浪監督や中村紀打撃コーチから熱心な指導を受けた大器は「あまり意識しないでできるようになってきている」と持ち前の長打に磨きをかけている。フリー打撃では柵越えを連発し「悪い癖である体の開きがほとんどなくて、きれいな打球が飛んでいた。いい感覚だった」と充実感を漂わせた。