マチュピチュ村に恩返し 片山さんサンタ姿で贈り物

24日、ペルー・マチュピチュ村でプレゼントを配る片山慈英士さん(宮脇大輔さん撮影・共同)
24日、ペルー・マチュピチュ村でプレゼントを配る片山慈英士さん(宮脇大輔さん撮影・共同)

南米ペルーの世界遺産マチュピチュが新型コロナウイルス対策で昨年閉鎖した際、唯一の観光客として遺跡訪問を認められた奈良市出身のボクシングトレーナー片山慈英士さん(27)がふもとにあるマチュピチュ村を再訪し、23、24日の両日に子供たちに「恩返し」としてマスクなどのクリスマスプレゼントを配った。

片山さんは遺跡訪問前にマチュピチュ村で足止めされ、昨年3月から約7カ月間、村の子供たちにボクシングを教えるなどして過ごした。同10月にペルー政府から特別に遺跡訪問を認められ、空中都市の絶景を〝独占〟した。

新型コロナによる人口当たりの死者数が世界一高いペルーで子供に笑顔を届けたいとサンタクロースに扮し、村と友好都市の福島県大玉村が購入資金を援助したマスクやTシャツ、文房具を約500人に贈った。(共同)