成長示す2位 人事尽くしたアイスダンス村元、高橋組

【第90回全日本フィギュアスケート選手権大会 3日目】アイスダンスFD 村元哉中・高橋大輔組の演技=25日、さいたまスーパーアリーナ
【第90回全日本フィギュアスケート選手権大会 3日目】アイスダンスFD 村元哉中・高橋大輔組の演技=25日、さいたまスーパーアリーナ

人事は尽くした。25日に行われたフィギュアスケートの北京冬季五輪代表最終選考会を兼ねた全日本選手権のアイスダンスで、村元哉中、高橋大輔組(関大KFSC)は、大きなミスなく滑り切った。拍手に包まれる中、演技後は2人して抱き合い、余韻に浸った。112・96点で2位。高橋は「すごくいい演技ができた」、村元は「自分たちの世界を思う存分表現したいと思って、気持ちよく滑れた」と晴れ晴れしていた。

結成2季目にして、確かな成長を示した。安定感のあるリフト、息の合ったツイズル-。一つ一つの技に危うさが垣間見えた昨季とは〝別人〟のようだった。同じ2位でも心境は全く違うといい、村元は「悔しいが、2季目で、ここまで来られたのはすごいこと」と誇った。

1枠の北京五輪代表は、26日に発表される。激化した代表争いは終結を迎える。高橋は「緊張感から解放されたので、クリスマスを楽しもうかな」と柔和な笑みを浮かべた。(久保まりな)